ECCジュニアでの9年間で英語力UP。留学へとつながった!?

ECCジュニアでの9年間で英語力UP。留学へとつながった!?

ECCジュニアに小学校1年生から中学卒業までの9年間通った、現在アラサーになった3人の子の母manaです。
我が子たちのその後の英語力はどうなった?など、親の視点で振り返りをしてみたいと思います。

こちらは、これから留学をお考えの方ではなく、現在子育て真最中、そして、将来はグローバルな人材に育てたいとお考えの親御様のご参考になる内容かと思います。

ECCジュニアに通わせた理由

これからはグローバル社会、絶対英語が話せたらかっこいい!!
私は英語が苦手なので、《子供たちには英語が話せる人になってもらいたい》という思いでした。

私は全然教育熱心な母ではなく、遊びは子供の心身を成長させる!!と考えていました。
私自身も『子供時代は、勉強が好きな子ではなかった』という自覚がしっかりありましたので、遊び大賛成,遊んでOKよ,と優しい母だったと自分では思っています。

当然ながら我が子達も決してお勉強の好きな子ではありませんでした。 むしろ外で元気に遊ぶ事が大好きっ子でした。
田舎ならではのターザンごっこ、山への探検、滝での水遊び、当時流行ったビービ―弾などなど、暗くなるまで遊びまわっていました。

習い事も、地域のスポーツクラブの剣道、バスケ、マラソン(陸上)、野球、サッカー、スイミング、スキー、スノボー、ピアノと色々な経験をさせました。

こどもチャレンジも一応やっていましたが、答えを写していた子どもには唖然でした。
答えを写すって、写す時間と鉛筆と消しゴムと労力の無駄!!
それも算数のひっ算です。
答えは合っているのに途中経過がめちゃめちゃ。そしてまた、余は合っている。
写したことがバレバレでしょ。怒るどころか、むしろ笑え過ぎでしょ!?

そんな子供達ですが、ECCだけは行ってください「お願いします」って感じでした。

ECCジュニアに期待した事

英語に触れあって英語が身近なものに感じて欲しい。
それで、英語の成績が良くなったら最高!!
それで、それで、英語が話せるようになったら更に嬉しいじゃありませんか!
英語が話せるってカッコ良いよね!!

ECCジュニアをやって良かった点

20年以上前のECC時代を親視点で振り返ってみます。

1. 楽しみながら学べた。
ハロウィンパーティー、クリスマス、富士山合宿などイベントもたくさんありました。
きっと、現在は更にバージョンアップしていて盛りだくさんのプログラムがあるのでしょうね。

今では国民一大イベントにもなっているハロウィンですが、20年以上前のハロウィンパーティーって、なかなかぶっ飛んでいる感じだったですね。
初めての仮装に親も子もドキドキワクワク・・・・♡
そんなドキドキワクワクイベントも時々あって、英語も楽しく学べた気がします。
 ドリフ大爆笑の「長介さん・工事さん・ブーさんの 雷様」というコントを知っていますか?
その雷様をテーマにしたハロウィンでの仮装です。
時代がばれちゃいますね!

2. ネイティブ英語:聞く力やネイティブな発音で話す力が身に付いた。

ECCで外国人講師のネイティブ発音をいっぱい耳にすることで耳が英語に慣れ、スピーキング力、リスニング力をつけられたのではないかと思っています。
現在ハワイに看護留学中の娘ミアですが、現地の人に本当にピュアな日本人ですか??と、びっくりされたらしいです。本人曰く、「あまりに発音も良く、コミュニケーション能力が高かったからびっくりされた」と言っていました。
本当かな(*^^)v?
それは、小学1年生から通ったECCのお陰かなと思います。
そしてそれは、無理やりやらせた感も否定できませんが、母である私のお蔭・・・!! という事にしましょう。

3. 外国人との交流を通じて多くを学んだ。

外国人との接点のない田舎に住んでいたので、普段は外国人との交流がほとんどありませんでした。
そんな環境の中でECCを通じて多くの外国人との交流の場が持てた事は異なる文化などを感じ、また、外国人に対し隔たりを感じない心を育めたのではないかと思います。
子供たちにとって貴重な経験だったと思います。

4. 刺激を受け合い成長できる事

英検受験や日々のテスト,日常のECCクラスの中で、《〇〇ちゃん頑張ってるから私も頑張らなくちゃ》と頑張っているように感じました。お互いに刺激をし合い成長できたと思います。

5.英語が好きになり継続できた。英語力UPは自信に繋がった

ECCでは、授業の予習復習もでき、お陰で英語の成績が結構良かったです。
成績が良いと嬉しくなり英語が好きになり、更に頑張ろうという意欲につながった気がします。
このことは自分自身の自信となり、色々な事へチャレンジできる強い逞しい心が培われたのではないかと思います。そしてそれによって自己肯定感が高められた気がします。

ECCジュニアやって良くなかったと思う点。―お母ちゃんの分析

1. 母(子)ともにストレスな面もあった。

〇〇ちゃんが受かったのに、何故にあなたは受からないの??
母子共にストレスにならなかったと言ったら嘘になりますね。
切磋琢磨できる環境であった事は事実ですが、反面、人と比較してしまう状況もあった気がします。そこは、母としての反省点です。
今ならもっと寛大な心で子供たちを見守れる自信があるのですが、今更遅いですね。

2. クラスの個性にフィットできるかどうか。

我が3人の子のECCクラスのカラーは、はっきりしていましたね。
あるクラスはとても優秀,あるクラスは全体的に呑気,あるクラスは、何故か勉強があまり好きではない子が集まっていたりと、本当にクラスの個性は様々でした。

4年生で英検3級に受かる子も続出だった優秀なクラスに通っていた我が子は、のほほんさが幸いにそれなりにマイペースで楽しんで参加していた気がします。
子供の個性も様々なので、クラスのカラーにフィットするか、フィットできるのかも大事だと思います。

3.お母ちゃんの強制力。無理やりやらせた

勉強嫌いな我が息子君は、ECCいやいや病を発症していました。
ECC教室まで送り届けたのに、遊びたい欲求が強く、何度か脱走した経験を持っています。
それでも、無理やり行かせたお母ちゃんでした。
多分、息子は《無駄な抵抗をしても母ちゃんには逆らえない》と、最後はあきらめたのでしょうね。

☆社会人になったその息子のコメント
《あの時は本当に嫌だったわ。でもECCは、やっていて良かったと今では思う。》

お母ちゃんの強制力で無理やりやらせた部分もあると思いますが、結果オーライという事で。

ECCジュニアでの9年間で英語力UP?留学へとつながった?

ECCジュニア卒業後も英語に携わり、20年以上経った現在
アラサー息子: 中央大学在学中カナダに1年程語学留学経験あり。TOEC800点以上
アラサー息子: 早稲田大学在学中にハワイに2ヶ月程語学留学経験あり。TOEC600点以上

アラサー娘ミア : ハワイの大学 看護学学士
BSN (Bachelor of Science in Nursing)
NCLEX-RN(看護師資格試験)
現在はNP(ナース・プラクティショナー)資格取得のために大学院に在学。
TOEC900点以上
と、こんな感じになっています。ちょっとはグローバルな感じに出来上がったでしょうか?

おまけ♡

ECCジュニアを選んだ理由は、近所にそこしかなかった!!というのも理由ですが、ECCのお蔭で英語力がUPできたと思います。ECCジュニアには満足しています。

あれから時代は大きく変わっています。
20数年前,ガラケーも普及していなかった我が子たちの(ECCジュニア)時代でしたが、現在はパソコンは当然、スマホは当たり前の時代。
幼児・学童教育分野に於いてもバージョンアップはものすごいものだと思います。
首都圏に在住の場合、英語力を身に付けるための教室など沢山あります。
しかし、地方に住んでいると限られた教室(習い事)しかないのが現状です。
そこでパソコンやスマホが大活躍できる時代に感謝ですね。

今、私が気になっているこども向けの英語関連の2点です。
『日本初!オンライン×少人数グループの小学生専用英語レッスン【LEARNie】 』



と、今注目されている
『たった35日で私の子供が英語を話し始めた!世界の七田式英語教材7+BILINGUAL【七田式】』という、子ども用英語教材が気になっています。



まだ見ぬ我が孫Aちゃん。
まだ見ぬAちゃんをグローバル人材に育成するためリサーチしています。
あ!大丈夫です。うるさいおばちゃんは、あまり口出ししてはダメですね 😳
その辺は承知しているつもりですので、ご安心ください(^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です