ハワイ看護留学:HPU (ハワイ・パシフィック大学) Nursing専攻

ハワイ看護留学:HPU (ハワイ・パシフィック大学) Nursing専攻

HPU(Hawai’i Pacific University ハワイ・パシフィック大学)Nursing(看護学部)を卒業し、無事ハワイの看護師になったミアのお母ちゃんです。
看護師でもあり、母でもある私が娘ミアのハワイ看護留学、ここでは『HPUについて』身近に見て、聞いて、感じた事を振り返ってみようと思います。

あくまでも一事例ではありますが留学ってこんな流れ、こんな様子なのかと少しでもお伝えできたらと思います。

これから看護留学をご希望されている方の道標になったら幸いです。


ハワイ大学マノア校orハワイ・パシフィック大学Nursing

ミアは、ハワイ大学マノア校への入学を夢見てハワイ留学に旅立ちました。
しかし、留学後にハワイ大学は州立大学のため、ハワイ州の住民を優先して入学させるので、人気のある看護学部は留学生にとって狭き門になっている現実を知りました。

ハワイ大学の留学生は学費が高く、
Part-Time per credit hour(1単位当たり
Resident(地元住民)$453,International(留学生)$1,371

 

Full-Time per semester (1学期当たり
Resident(地元住民)$5,436
International(留学生)$16,452  /Full-Time per semester
(HP参考) ※年度により異なるので参考金額とご理解下さい。

KCCも州立Community Collageなので地元学生の学費は安く設定されています。
大学に編入する場合、Community CollageのGPA(成績)が必要なのですが、Nursingはとても人気の学部です。
そのため、ハワイ大学マノア校Nursingに編入をするためには、Community Collageでの成績,GPAが4.0点満点中4.0に近い評価が必要となるらしいです。
地元学生は成績が悪かった単位は、再度受け直しGPAスコアを上げる人もいるようです。

留学生の場合1単位当たりの授業料が、現地学生授業料の3倍ほどと高く設定されています。
また、1学期に最低12単位は取得しなければならないため、経済的理由に加え時間的にも単位を取り直すことは難しい状況らしいです。

以上のことから、留学生がハワイ大学のNursingに合格することはかなり厳しい現状でした。
国?州の税金を使っているのですから、仕方ないのかもしれないですね。

アメリカ看護師は地位も高く、自分の専門分野においては医師と同等に扱われるようです。
また、勤務形態(仕事内容や勤務時間,休日)やお給料などの待遇も良いので、そんなこともハワイの看護学部が人気の理由なのでしょうね。

残念ながら日本の看護師は大変な業務内容のわりに、社会的地位が低いと言われていますね。
アメリカ看護師さんが羨ましいわ♡

どうでもいい話
ミアが実家に帰省した時、近くの老人福祉施設でバイトをしました。
日本の看護師資格はまだ取っていないので、大学生待遇のバイトです。
その施設の、私の知人でもあるスタッフにアメリカでの看護師の時給は幾らなの??? と、突っ込まれて聞かれたようです。小さな声で「・・・・ここでの〇〇くらいかな。」と答えると、とてもびっくりしていたようですよ。

 ハワイ・パシフィック大学 (HPU) Nursing を選んだ理由

1、ハワイ州最大規模を誇る私立総合大学で、質の高い教育や指導においても高い評価を受けている。

2、留学生は世界中から在籍しており国際色豊かな大学なので、留学生サポートもしっかりしている。留学生にも人気の大学である。

3、奨学金制度もしっかりしており、コストパフォーマンスが良い。

4、看護学部 制度、公的な位置づけなど詳しく分かりませんが、看護学部は定評があるようで、しっかりとした教育が提供されていると認識しています。

5、前述しましたようにハワイ大学マノア校の看護学部の入学は、留学生にとって難しい。また、留学生の学費が高く設定されている。

そんな理由からHPUのNursingを選んだと思います。

 ハワイ・パシフィック大学Nursingキャンパスについて

ハワイ・パシフィック大学のキャンパスは、 ダウンタウン(アロハタワー)とロアにあります。

メインキャンパスはダウンタウンです。
事務手続きなどもこのメインキャンパスで行われます。

 ←ダウンタウンキャンパスの前にて

ダウンタウンキャンパスの一環として、アロハタワーキャンパスが2015年にオープンしました。
アロハタワーは、私たち夫婦が新婚旅行で訪れた時,ミアがハワイに留学した当時は、まだレストランやショップが立ち並ぶ観光地でした。
その見慣れたアロハタワーが、いつの間にか[Hawai’i Pacific University]の看板に変わっていました。

えっ?まぁ!とびっくりしたのは、まだ最近の事です。
アロハタワーキャンパスには学生寮があるようです。
また、自習室もあり、学生たちは頑張って勉強をしているのですね。ミアもそのうちの一人のようです。

Nursingの授業は主にロアキャンパスで行われます。
ワイキキから車で20〜30分位だったでしょうか?


写真のような感じの周りはあまり何もないちょっと田舎??・・・・・・静かな環境です。
※ここまでの通学時はもちろん、実習が始まると色々な病院に行かなければならないため、交通手段として自動車が必要になりました。なんと!なんと!聞いてないよ~。

どうでもいい話:ダウンタウンでの怖いエピソード

メインキャンパスのあるダウンタウンで毎月第一金曜日に行われるイベント『ファースト・フライデー』なるものに行ってきました。
お祭りのようなもの??車を停めるため駐車場に入ろうとした時、一人の男性が車の運転席の窓をドンドン叩いて何やら怒っている様子。怒鳴っている!!
車を発進させても、その人はしばらく後を追って来ました。怖い、怖い・・・!本当に恐怖でした。

「何って言っていたの? 何を怒っていたの?」と聞くと、「車にぶつかってもないのに、ぶつかったと文句を言ってきた。薬をやっている人だよ。
日本人だから、お金を取ろうと思っているんだよ。」「ああいうのは無視すればいいの!」と、動じる事もなく、何事もなかったように振る舞う我が娘の逞しさにびっくりでした。
こんな事、日常じゃないよね!?

多分こんな場合、多くの日本人は怖さのあまりに、また、早くどこかに行っちゃって欲しいとお金を渡しちゃうのではないでしょうか?
私も、ミアがいなかったら絶対にお金を渡していたわ!・・という以前に、私一人ではチャイナタウンやダウンタウンに行きません、いいえ一人で行けないのですが。
その後も、あの男性が追い掛けて来るのではないかと怖かったので、お祭りどころではなかったです。

でもでも、折角なので、ちゃっかり『ファースト・フライデー』に行きました。
あの怒鳴っていた男の人が頭から離れず、恐怖心が抜け切れない精神状態で見に行ったからなのでしょうか?
ファースト・フライデー会場では、宗教チックな仮装?衣装?を身に付け、ちょっと異様な音楽を鳴らしながら、またまた、異様な踊りを踊りながら行進している集団がいました。
その異様な独特の雰囲気に、ただただ怖かった~。
「早く帰ろうよ」とミアに言い、そそくさと帰りました。

チャイナタウンやダウンタウンの夜は治安があまり良くないようです。お気を付け下さい。

 

 

KCC Nursing『ESL,単位や学科の実際』ハワイ看護留学

KCC Nursing『ESL,単位や学科の実際』ハワイ看護留学

KCC(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)のPre Nursingコースを経てHPU(ハワイパシフィック大学) 看護学科を卒業してハワイ看護師(BSN)になった娘ミアの体験記をまとめてみたいと思います。

ここでは、KCCで、大学の看護学部へのトランスファー(編入)プログラムPre Nursingというコースを選択し大学への編入に挑んだ経過についてまとめたいと思います。



ハワイ看護留学:KCC ESL英語力強化コース

先ずKCC付属のESL:英語を母国語としない海外からの留学生のための英語力強化コース,レベルに応じたコースがあるようです。
ここからスタートです。(スタートしたようです 🙄 )

 ESLの受講期間

ミアの場合、ヒューマンアカデミーで一応TOEFLの点数もあったのですが、それでもESL のハイレベルコースを1個は取得しなければならないようです。5月にハワイに行き、ESLを経て8月の秋学にKCCに入学できました。
ヒューマンアカデミーでのTOEFL他詳細は、前述の下記サイトをご参照ください。

留学エージェントPart 1 親の思いと挑む娘 -ハワイ看護留学

留学エージェントPart 2:お金事情,留学エージェントは必要? ハワイ看護留学

 ESL。ここで注意しなければならない事!

ESLで1〜3年経っても単位を取得出来ない人もいたようです。
普通に頑張ったらそういう事態には陥らないそうですが、Hawaiiは楽しい事もいっぱい。遊びの誘惑もいっぱい!

ハワイはセレブなご家庭のお子様も多く留学されているようです。
そういう経済的に余裕があって留学に来ている子どもさんは、遊びも満喫しESLにも長らく在籍しているケースが多かったようだと聞いたことがあります。

ミアのように「仕送りには限度があるよ。出来る範囲で頑張って節約する事ね」と、親から(って私ですけど)条件を出された場合は頑張るしかないですよね!!
ですが、ミアもしっかり遊びを満喫していたように見えました。
『遊び』も、若い子の留学の楽しみであると思いますが、遊びと勉強の両立はしなければならないですね。

そこは、痩せる思いで(実際は痩せませんが(^_^;) )仕送りを頑張っている親のためにもよろしくお願いしますね!

ハワイ看護留学:KCCでPre Nursing,単位や学科の実際!

1. 学科 Nursing program(看護学部)とPre Nursing(編入プログラム)

ハワイ州立短大,KCC ( カピオラニ・コミュニティ・カレッジ) では、リベラルアーツ(一般教養)を学びます。
KCCでは、Nursing program(看護学部)が人気で、ミアの時代Nursing programは、1~2年待ちだったそうです。

そこを卒業した場合、ADN(Associate degree in nursing、準学士)を取得することができます。
日本でいうと専門学校卒業の看護師さんという感じでしょうか?
アメリカはシビヤでADN(準学士)とBSN(学士)の看護師では、お給料やお仕事内容がかなり違うらしいです。(詳細は後程書きたいと思います)

ミアは大学の看護学部Nursingに編入しBSNを目指していました。
そのためKCCでは大学の看護学部へのトランスファー(編入)プログラムPre Nursingというコースを選択し大学への編入に挑みました。
Pre Nursingでは、理科・数学や解剖などリベラルアーツ(一般教養)を勉強するそうです。

Pre Nursingコースも人気のコースではありますが、その当時は待ち時間はなく専攻できたということです。

2. セミスター(学期)と単位の基本
KCCは、2学期制(1学期16週間)
春学期(1月上旬~5月中旬)
秋学期(8月下旬~12月中旬)。

*夏学期(10週間)は
前半(5月下旬~6月下旬)
後半(7月上旬~8月上旬)
に分かれ、選択するかは自由。

1セミスター(学期)に留学生は最低12クレジット(単位)取り、60単位以上取得できたらKCCは卒業です。

3. 編入時の単位移行
KCC を卒業後、大学に編入する場合は単位を移行するわけです。
そしてその編入の場合は、専攻する学科の3回生から学ぶことができます。
娘ミアはHawaii pacific university(HPU)のNursing3年次 に編入しました。
HPUを選んだ理由は下記 ご参照ください。

ハワイ看護留学:HPU (ハワイ・パシフィック大学) Nursing専攻

ミアはトランスファーの時、KCCで取得した単位は概ねHPU移行できたという事です。
ハワイ州内の編入の場合は単位の移行がスムーズらしいですよ。
大学や学科によって編入時に認められる単位内容も異なるようです。
お金や時間のロスを避ける為に、移行できる単位などをしっかりとリサーチする事が大切ですね。

ハワイ留学生の義務 GPAで課せられる条件とは

留学は、大学発行のF-1ビザで『勉強すること』を目的として渡米していますので、厳しいノルマも課せられています。
1セメスターで最低12クレジット取る必要があります。
また、GPA◯点以下を 〇回取るとイエローカード!◯ 回度取るとレッドカード!

やる気がないのならお家に帰りなさい!!です。
ミアに確認しましたが、具体的なGPAの点数と回数は忘れてしまったということです(^_^;)
※参考までにHPU(ハワイ・パシフィック大学)では
GPAが2、75切ると卒業できません。また、成績でCを2回 を取ると学校から追い出されてしまうそうです。

KCCに留学している日本人はたくさんいたようです。留学の心構えがしっかりできている人,コツコツ努力される人は、クリアーできると思われます。

ハワイ看護留学:KCCキャンパス、ハワイ感満載学習環境は最高!

みんな良くご存知の毎週土曜日に開催されるKCCマーケット。
そのエリアにKCCのキャンバスがあります。
実は、私も行ってみました。7月の夏休み中でしたので、学生はちらほらという感じでした。いつもは若さや活気に満ちた学生で溢れているのでしょうね。

キャンパスは広々としたハワイ感満載の敷地にあって勉強環境は最高だと思いました。私がもっと若かったら、こんな素敵な所で学びたいと心から思いました。(今更勉強するのは嫌ですが・・)
カフェテリア,学食も広々していました。私も学生になった気分でゆったりとtea timeを過ごしてみました。

ここで、若さ溢れる学生さん達が夢や目標に向かって過ごされるのですね。
なんかとても素敵!

次回は、HPU(Hawai’i Pacific University ハワイ・パシフィック大学)Nursing(看護学部)での体験をまとめていきます。
宜しかったら、またお付き合いください 😛

KCC,Nursing『体験!ホームステイ事情』ハワイ看護留学

KCC,Nursing『体験!ホームステイ事情』ハワイ看護留学

KCC(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)のPre Nursingコースを経てHPU(ハワイパシフィック大学) 看護学科を卒業してハワイ看護師になった娘ミアの体験記をまとめてみたいと思います。
娘ミアのハワイ看護留学,ここでは『ホストファミリー』について振り返ってみようと思います。



留学先に行ってからの住居はとても大事ですよね。
ミアの場合、日本で ホームステイ先を決めてからハワイへと旅立ちました。

5月8日ミアが留学に旅立ちハワイに到着した時、ホストファミリーの方が空港までお迎えに来てくれました。
親としてはとても安心でき、とても有難い事でした。
ホストファミリーは40代のご夫婦でご主人は弁護士さん、奥様はブルゾンちえみさんじゃないですが、キャリアウーマンです。
そして、5歳の長男と3歳の長女の4人家族のお家でした。

 

基本は食事付きです。ご家族が不在の時は、冷蔵庫に入っているものは好きに食べてOKというルールだったそうです。
奥ゆかしい??日本人のミア。なかなか勝手に冷蔵庫を開けて食べる事が出来なかったようです。

ミアのホストファミリーは、お野菜あり、お肉、お魚ありのバランス良い食生活のご家庭だったのですが、ベジタリアンのホストファミリーもいるそうです。
そういうご家庭だと、お野菜オンリーの食事という事もあり得るそうです。

ミアの友達がまさしくベジタリアンファミリーだったので、毎日お野菜ばかりの食卓にちょっとうんざり。なので、「お肉が食べたいです。」とお願いしたそうです。
自分達は食べないのですが、友達のために作ってくれたようですよ。
仕方なく?!嫌嫌感満載だったとかです!?

私たち日本人は、「“NO”と言えない国民性」であり「建て前とか、遠慮する」風習がありますが、ハワイではYes。No。自分の気持ちは、はっきりと伝えた方が良いみたいです。

お世話になって2カ月目頃、ホストファミリーさんにお招きいただきました。
日本では社交辞令というものがありますね。
本当は心から思っている訳でもなく、「今度是非来てください」とか言っちゃう事もありますよね。
そして、『え!? 本当に来るのかい?? まじか?』なんていうこともあるのではないでしょうか?

アメリカでは招待したくない時は誘わない、何事に於いても『そうしたい気持ち』がない時は、声は掛けないようです。
建前という習慣はないのです。遠慮は必要ないという事です。
自分がどうしたいか??が大事なのですって。

 

親としては娘がどんな方のお世話になっていて、どういう環境で生活しているのか知りたいですね。
ということで遠慮せず、しっかりちゃっかり図々しくお邪魔しちゃいました。
にこやかで温かみのあるご夫婦としっかり者のお兄ちゃん、我が娘ミアの3歳の頃の怪獣度には敵いませんが、ちょっぴり怪獣ちゃんだった3歳のお嬢ちゃん、2人ともとても可愛いお子さんでした。

直接ホストファミリーの皆様にお会いして、ミアが過ごしている家やお部屋も拝見できました。
こんな素晴らしいご家族や環境の中で頑張っているんだと、とても安心できました。

お土産は日本ぽいものが良いかなぁと思い、家族の皆さんに浴衣や甚平,日本茶と急須や湯飲みセットと日本酒などを用意してお邪魔しました。
浴衣をその場で着てくださり、全員で記念写真を撮りました。

ハワイ看護留学:ホストファミリーの実際: 費用やお部屋情報

1.費用について
食費,電気代や水道代込、シャワールームとトイレ付の10畳ほどのワンルームで800$(レート100円換算で80000円程)

2.食事について
基本は3食付きです。朝食はもちろん、お昼は簡単なお弁当を作ってもらったそうです。
簡単なお弁当・・・このお家だけが簡単なお弁当という事ではないです。
ハワイでのお弁当は簡単なものが多いという事です。
日本のようにキャラ弁とか、手の混んだお弁当ではないようですよ。
当然お夕飯付きですが勉強で遅くなることもあり、また友達と外で済ませることも多かったようです。

3.お部屋について
リビングから通じるシャワー&トイレ付きの一部屋10畳ほどの広々したお部屋でした。プライバシーもばっちり確保!
そして、なんとプールまであるお家でしたよ。

ハワイ看護留学:経験して思うホームステイのメリットとデメリット

メリット
①必然的に英語で会話をしなければならないので、英語力が身に付く。

②食費,電気代や水道代の費用なので生活費の予算が立てやすい。
ただ、冷蔵庫に入っているものは好きに食べてOKというルールでしたが、そう言われても、なかなかできなかったようです。
ちょっと無駄になってしまった感じです。

③生活面やハワイでの生活全般のサポートして頂けるので、親として「安心感」が得られる。これは大事!

住居形態はホームステイ,寮,アパートなどがあります。
私の個人的な親の立場で言うと、留学直後はホストファミリーが良いと思います。
生活面など様々なサポートしていただけるので、慣れるまではホームステイが安心できると思います。

デメリット: ミアの場合のデメリット。あくまでもミア限定です。

①KCCまでの通学の便が悪かった。
留学前(渡米前)に、現地の交通状況も把握していない状況でホームステイ先を決めたので仕方ないのでしょうね。

②食費込みで800$(8万円程)でしたが、家で食事をする事も少なく食事代が無駄になった。もったいない!

 

③内緒ですが、3歳の怪獣ちゃんはとても可愛かったそうですが、やはり怪獣なので勉強環境が十分でなかったそうです。

そしてそんな理由でホームステイ先を変えたそうです。

ホストファミリー「当たり」「はずれ」と聞いたことはありませんか?「良いホームステイ先」「悪いホームステイ先」と言う意味合いでしょうか?ホームステイ先がよほど劣悪環境でない限りホームステイ先の良し悪しでなく「自分に合っているか?」という事だと思います。
ホストファミリーとの相性だって個々によって違いますよね。
ホストファミリーの人柄、家族環境,食事内容,生活パターン,清潔の観念などなど、「自分に合っているか?」がポイントだと思います。
自分に合っているかは、実際に行って生活をしてみないと評価できないですね。
実際に行ってみないと,そして生活してみないと「自分に合っているか?」が分からないという事がホームステイのデメリットの一つですね。

とても親切にしてくださっていたファミリーとの別れ。夜はお別れ会を開催してくれたそうです。
お引っ越しの朝。涙&涙の別れ・・・まではいかなくても、[ありがとう。元気でね]みたいなお別れを想像していたそうですが、いつもと変わりない朝を過ごし、一人寂しくホストファミリー宅を後にしたのだそうです。

その後は、有名人の別荘が建ち並ぶカハラ地区、アイナハイナでのホームステイを経て、徐々にハワイにも慣れ、自分でアラモアナショッピングセンター近くのアパートを見つけ一人暮らしを始めました。

KCC,Nursing『旅立ちと初めての危機』ハワイ看護留学

KCC(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)のPre Nursingコースを経てHPU(ハワイパシフィック大学) 看護学科を卒業してハワイ看護師(BSN)になった娘ミアの体験記をまとめてみたいと思います。

娘ミアのハワイ看護留学,ここでは『留学に旅立って、初めての危機』について。 見て、聞いて、感じた実際を振り返ってみようと思います。

 

あくまでも一事例ではありますが、同じ看護留学という同じ志を持つ方に留学ってこんな流れ、こんな様子なのかと少しでもお伝えできたら嬉しいです。

前述したように劣化バージョンアップ中の私なので、思い込みや思い違いや、娘からの伝言ゲームが上手くできていない場合もあるかと思います。ご理解の上お付き合いいただけたらと思います(^_^;)

ハワイ看護留学に出発

5月8日19:20 成田発の便でいよいよハワイに発って行きました。
空港で涙&涙&涙のお別れか?と思いきや、意外にもあっさり「ほんじゃ、行ってくるね」と・・・・。しっかり親離れのミアに嬉しくもあり、寂しくもあり、寂しかったですね。

機内のお友にお菓子などを手渡し、その中にそっと手紙を入れました。
詳細は忘れましたが、目標を達成できることを祈っています。
自分で決めた事だから、辛くても頑張るんだよ。
でも、頑張って、頑張って、頑張って、それでも大変で辛くて苦しかったらあきらめる勇気もあって良いかも。辛かったら日本に帰っておいで。
そんな内容だったと思います。
優しい、愛情たっぷりの母からの手紙です・・・・・と、自分で言っちゃいます。

 

アメリカ(ハワイ)看護留学!本当に未知なる世界でした。
無事ゴールに辿り着けるの?そんな不安でいっぱいの私でしたが、娘を信じて応援しようと心に決めました。

しかし実際は、心の中で《最悪、最悪の場合、仮に途中で挫折しても、その頑張ったプロセスが大事さ!》そんな風に自分自身に言い聞かせておりました。
それに相反して娘ミアの「ポジティブ思考」「根拠のない自信」には、感心!? 唖然!?でした。
そのくらいの根性が必要なのかもしれませんね。

 

今はどこに行ってもスマホがあり、Wi-Fi環境さえあれば連絡を取り合えますが、今から◯年前,ミアが旅立った当時はガラケーでした。

当時の連絡手段は国際電話(高額な請求額にびっくりでした!)か、メールのやり取りが主流でした。
そんな時代だったので、無事着いたかしら?の確認作業も難しく、心配や不安は大きなものでした。
私は根拠のない自信を持って「うちの子に限って大丈夫さ・・」と親バカする事にしました。
実際は、到着した日に『無事着いたよメール』が届きました。
とても安心した事がついこの間の出来事のように思えます。

ハワイ看護留学:留学先がハワイのデメリット。大変です。危機です!

「メインランドに行きたいよ。」
KCCで学び始めて2ヶ月過ぎた頃から、娘ミアは「メインランドに行きたいよ」と訴えてきました。
丁度私たちが、ミアの留学の様子を参観に行った時の事でした。
看護留学先をアメリカ本土に変更したいという事です。
おったまげー!!でした。

前述しましたがハワイは留学生や観光客も日本人が多いです。
どうしても日本人コミュニティができてしまうようです。
私のように英語が苦手な人にとっては快適ですが、英語力をUPしたい人には適さない環境でもあります。
ミアはそんな日本語の飛び交う環境に危機感を感じたようです。

 

ミアは派手な顔付きでハワイっぽい顔をしているのですが、それでも概ねどこに行っても日本語で話し掛けられちゃうそうです。
その当時のミアの心の叫び 『英語 英語 英語が話したい~~~。』

この頃に上智大学からホスピタリティを学びにきていた友達に出会いました。
2人でいる時は、英語で会話すると決めて英語力Upのために頑張っていました。

ミアのハワイでの留学生活が始まって4ヶ月目,KCCの夏休みも終わり大勢の学生さんが戻ってきました。
彼らと一緒に授業に参加するようになり、望んでいた英語盛り沢山の生活が始まったようです。
それからは、ミアの「メインランドに行きたいよ」病は完全に消失しました。
危機から脱出できました。良かった!めでたしめでたしです。

☆ どうでもいい話。
日本語が飛び交う環境のハワイ、日本人コミュニティに引き込まれた我が息子が、まさしくその失敗例です。
息子が大学在学中に2か月ほどハワイに語学留学行ったのですが、日本人とつるんで遊び回る生活。
ミアとは英語で会話すると決めたそうですが、僅か数分程で断念したとか!
息子側の言い分では、ミアがバカにするし意地悪を言ったからだそうです。まあ想像できます(^_^;)

 

そんな結果、語学留学後にTOECスコアを下げられるという快挙を遂げたびっくり息子です。
息子に「あなたは、何しにハワイに行ったの??」と聞くと、「ハワイ超楽しかったわ!!」という返答。
開いた口が塞がらず、笑うしかなかったです。

日本人が多く、日本語の飛び交うハワイです。
強い志を持たないと我が息子のような結末になる恐れもあります。
ハワイ留学をお考えのあなた。
あなたは大丈夫ですか?自分に問いかけてみて下さいね。

留学エージェントPart 2:お金事情,留学エージェントは必要? ハワイ看護留学

留学エージェントPart 2:お金事情,留学エージェントは必要? ハワイ看護留学

お金事情,留学先決定,留学エージェントは必要か考察

ここでは、留学エージェントの学費やその他生活費の実際 『気になるお金事情』についてと、留学エージェント『ヒューマンアカデミー』での1年は必要だったか考察したいと思います。

☆かなり前の家計簿です。また、使途不明金も多いざる,どんぶり勘定の家計簿であるかと思います。
※あくまでもご参考程度にご覧ください。

 ヒューマンアカデミーでの学費、教科書代 

入学前後に要した費用 金額 累計額
受験料 30000
入学金 300000
授業料 1330000
TOEFL 4回/年 22000
オンラインシステム 10000
TOEFL留学準備 50000
学生保険料 2200
行事費 20000
留学通信費 20000
上記合計 1784200
その他随時かかった費用 金額
3月TOEFLテキスト 5040
3月留学に関する書籍代 7560
5月教科書代 13000
8月英検テキスト 6090
9月英検 6000
9月TOEFL 18571
10月 教科書代 6000
12月iBT-TOEFL 16069
上記総合計 78330 1862530

※上記TOEFLなど、自分で申し込んで挑戦した分の金額も入っているようです。

 生活費

上記ヒューマンアカデミーでの学費・教科書代以外に、自分でアルバイトをして補っていましたが、アパート代を含む生活費65000円/月程度の仕送りが必要でした。

住居は、兄が東京の大学に在学中であり、なんとワンルームロフト付の狭いアパートで同居をしました。
お陰で経費削減が出来ました。
今振り返るとあんな狭い所で、二人とも文句も言わずに暮らしていたと思います。
仲良し兄弟という事にしておきましょう!

留学先はハワイ決定! ハワイ大学目指す

ヒューマンアカデミーでの生活が後半になると、いよいよ留学先を決めなければなりません。
情報が今のように多い時代ではなかったため情報収集が大変でした。
留学先を決めるにあたり、親として治安が一番でした。この点だけは譲れない点でした。

ハワイ≒治安が良い!安心という思いが私にありましたので、留学先はハワイが良いと思いました。
娘ミアもハワイ大学に行きたい気持ちがあったので、ミアと私の意見が一致したわけですね。

ヒューマンアカデミーでは、アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス等各国に提携校がありましたが、ハワイでは提携校がありませんでした。
そのため、ヒューマンアカデミーからは、VISA申請手続きのサポートが受けられた程度だったようです。
留学先の学校調べや入学の手続き等は、ミアが全て行いました。
この手続き等の作業は大変だったと想像できますが、自分の夢のため頑張ったのでしょうね。

☆ どうでもいい話

留学手続きは大変だったと思いますが、その為に色々調べて苦労したプロセスは、大事だった気がします。
息子が大学在学中2カ月ほどハワイ語学留学に行ったのですが、学校の入学手続き・航空券手配まで全てをミアに任せきりでした。本人は呑気にハワイに行くだけ・・・。
そんな状況で息子の語学留学が始まりました。

その息子が語学留学から帰ってTOEICに挑戦しました。
語学留学の成果を大いに発揮するかと思いきや、留学前のTOEIC SCOREより下がりました。
語学留学をしてTOEICの点数が下がるってどういう事でしょうか?
ミア任せだった語学留学手続、人任せでスタートした語学留学がいけなかったと反省です。

「若い時の苦労は買ってでもしろ」という、ことわざが頭をよぎりました。
息子曰く「ハワイ 楽しかったわ。」と。 なんという事でしょう!
こんな息子ですが、ハワイでの経験はTOEIC SCOREには反映されなかったけれど、何らかの成長には繋がったのだと思います。
そう自分に言い聞かせております。

留学エージェント『ヒューマンアカデミー』での1年は必要だった?メリット・デメリット

ヒューマンアカデミーでは個別相談が設けられて、私も何度か相談をさせていただきました。
ここでは、いろいろ留学についてお話を聞くことができ留学の理解を深められました。
有意義な個別相談だったと思います。

TOEFL対策もしっかりサポートしていただけ、留学に必要なTOEFLスコアもクリアーできました。
ヒューマンアカデミーでの1年間で、間違いなく英語力がアップしたと思います。その結果、ハワイでの留学がスムーズに進んだと考えられます。
また、ヒューマンアカデミーでは、同じ志を持つ友達との出逢いもあり、その経験はミアの人生にとって素晴らしいものになったと思います。

デメリットと考えることは、費用の問題です。
上記「ヒューマンアカデミー学費やその他生活費の実際」にありますように、節約に心掛けても、学費とその間11カ月の東京生活にかかる生活費がおよそ70万円(65000×11か月)。
学費と生活費合わせて総額260万円程かかりました。

直接海外に留学し、ESLから始めるという選択肢もあります。
もし、ヒューマンアカデミーの門をくぐらず、直接留学しESLから始めていたらどうだったでしょうか?
ハワイに行って、コミュニケーションに困り途中で挫折していたかもしれません。逆に全く問題なく今のようにHPU(ハワイパシフィック大学)を卒業し、ハワイの看護師になっていたかもしれません。
結果論でしかありませんね。

260万円。これを親の安心料・留学のための大事なお子様の投資と考えるかはそれぞれの状況や、お考えによるものだと思います。

終わりに

ここまで、色々好き勝手なことを書いてきましたが、留学エージェントミアの場合「ヒューマンアカデミー」でしたが、それは必要か??ごめんなさい。結論は分かりません。

参考までに、娘ミアに留学エージェント「ヒューマンアカデミー」は必要だったのかと聞いてみました。
ミアは「どっちでもいいかも」と言っていました。
全然参考になりませんね(^_^;)

あなたに、またはご子息様に留学エージェントが本当に必要かどうか、充分にご検討して下さい。このブログが、少しでも参考になったら嬉しいです。

留学エージェントをご検討の方は、他にも色々あるようですのでどこのエージェントに依頼すべきか、良くご検討されたら良いと思います。
私達は、ヒューマンアカデミーと、嘘のようなドラマのような出逢いがあり、他のエージェントについては検討しなかったので、他の留学エージェントについては分かりません。
留学の目的や費用、それぞれが必要としているサポートがあるか否か、実績等をお調べになって信頼のできるエージェントに出逢え、留学を成し遂げられることを願っております。

今は情報時代です。
得られる情報も多いですが、それゆえ情報の多さに混乱して迷ってしまう事もあると思います。
一応、留学が成功(という事にしておきます)し、HPU(ハワイパシフィック大学) の看護科卒業し、
看護学学士, BSN (Bachelor of Science in Nursing)
NCLEX-RN(看護師資格試験)
CPR=BLS認定(Basic Life Support:一次救命処置)
ACLS認定 (Advanced Cardiovascular Life Support :二次救命処置)
当然と言えば当然ですが、TOEC900点以上。
NP(ナースプラクティショナー診療看護師)取得のため大学院在学中の現在を迎えられた、ハワイ看護師ミアの母manaのこのブログが、少しでも参考になったら嬉しいです。
あなた、または大事なご子息様の留学が充実したものになりますように、目標達成が出来ますよう心から願っております。

次回はいよいよハワイ留学について書いていきたいと思います。よろしければ、またお付き合いください。

 

留学エージェントPart 1 親の思いと挑む娘 -ハワイ看護留学

留学エージェントPart 1 親の思いと挑む娘 -ハワイ看護留学

アメリカ(ハワイ)看護師。 ハワイでBSN・NCLEX-RN取れました!!
実際どういう経緯でハワイ看護留学に至ったのか振り返ります。
ミアとヒューマンアカデミーのドラマのような、嘘みたいな出逢いがありました。
ここでは、その出逢いやヒューマンアカデミーでの実際を記録したいと思います。

大学受験:センター入試と私立大看護学部受験

実はセンター試験時期の2月頃までは、国内での看護師を目指していましたので、普通にセンター試験を受けました。
高校では指定校推薦も検討しましたが、指定校推薦を受験した場合は、当然ながら絶対行かなくてはならないという条件付きです。
私立大学の看護学部の学費は、4年間で700万円ほどでした。
そこに生活費を考えたら・・・・なんという金額でしょう!!
だったら、国立大学の看護学科に行ってもらい学費を節約し、余った分は花嫁持参金にした方が良いのではないかと考えてしまったわけです。

この時は後々、更なるびっくりの出費が待ち構えている事など、全く知る由もなかったのでした(>_<)

センター入試は、何と得意なはずの英語で大・大・大失敗をしてしまったらしい。
人生何が起こるか分からないですね。希望の大学がかなり厳しい状況に陥ってしまったのですね。学費の高い私大も受験することにしました。

留学エージェント,ヒューマンアカデミーとのドラマのような、嘘のような出逢い。

思い起こすと娘ミアは小学校の頃から「私は、留学したい」と呟いていました。
何を言っているのだろう??冗談かと思い、軽く聞き流していました。

東京の私立大学看護学部の試験の後、たまたま貰ったティッシュの裏に「留学」「ヒューマンアカデミー」の文字を発見。
ほっほ~とチラ見し、新宿の街を楽しもうと、新宿ぶらぶら母娘デートにGo。

そして、たまたま、ぶらぶらと入ったビルに「ヒューマンアカデミー」の看板を見つけてしまったのでした。
そのまま、娘ミアの熱意に負け「ヒューマンアカデミー」の看板に引き込まれるようにドアを叩きました。説明会で色々お話を聞いているうちに、娘ミアの気持ちは一気に留学へと向いていきました。

その後はセンター試験の個別学力試験も、私立大学の2次試験も受けることなく、留学への道を歩き始めました。
運命的なヒューマンアカデミーとの出逢い。
あの時たまたま手にしたティッシュと、たまたま訪れたビルの中で見つけた「ヒューマンアカデミー」の看板が、娘の人生の大きな分岐点になったのです。
娘ミアとハワイは赤い糸で結ばれていたのでしょうか?!

 ヒューマンアカデミーと出逢って、ミアの留学への熱意・本気を知りました。
それでも、「ハイ!OK。」と簡単に言う訳にもいきません。これを機に、私も留学について考え始めました。

私が娘の留学で心配・不安に感じた事

1. 語学の壁はどうなの?目標が達成できるのか? どの程度の、どんな試験で希望する留学先の大学に入学が可能なのか?看護師資格の難易度はどうなのか?語学の壁を越えて果たして看護師の資格はとれるのだろうか?

2. 留学の仕組みが全く分からない。学生ビザ取得をはじめ、諸々の留学の手続き方法は?留学ができた後の、手続きや取得できる資格は?

3. 留学費用は?渡航費や授業料、入学金、生活費はどのくらい必要なのか?

4. 治安の問題。

などなど、分からない事や不安や心配が゙いっぱいありました。
その不安や心配の原因は『留学』について無知であること,理解できていないことだと考え、留学について無知識の私が留学について調べ始めます。
色々とネットで検索しました。留学の本も買って読みました。
それでも、留学は未知の世界だったのでよく理解できなかったというのが現実でした。

そんな私でしたが、娘ミアの逞しき根性!!図々しい根性!!
不安や、心配、ネガティブ言葉が殆どなかったですね。
ただただ「留学」を見つめていた感じでした。

娘の留学をOKした理由

当然リスクを伴うアメリカ看護留学です。
一応、国内に引き留めるべくアプローチを試みました。
日本で看護師資格を取ってから、海外看護留学という道も勧めました。
海外看護留学の大変さ・難しさについても、理解しきれていない中でひしひしと娘に訴えました。

しかし、娘ミアは留学したい気持ちが強かったようです。
それほど行きたい「留学」もう行かせるしかないですよね。

① 私の子育てポリシー?! なんてかっこいいものではありませんが、「自分の人生」です。自分でやりたい事をやってほしい。

親としての意見はしっかり,はっきりと言いました。でも、最終決定をするのは本人だと思っています。
だって娘の人生なんですから!
悔いのない人生なんてもしかしたらないのかもしれませんが、20後,30年後にそれなりの人生だったなと思える人生であってほしいから。

② 娘ミアの留学したい気持ちが強かった。そんなにやりたい事が見つかったって素敵な事じゃないですか!
親として応援してあげるしかないですね。

③ 私自身「これからは英語力が必要」と思っていました。
これからはグローバルな環境で仕事をする事も多くなる時代であり、日本国内外を問わず「今後は英語力が必要」だと思います。
ミアが留学で看護師資格はもちろん、英語力を身につけられたら、素敵!

そんな思いで留学をOKしました。

子供の幸せを願わない親はいないでしょう。
子供のためを思って反対するか、応援してあげるか!?
正しい答えはないのかもしれません。
私は、子どもの夢を応援してあげられる親でいたいと自分に言い聞かせていました。

お母ちゃんが留学OK。その裏事情(交換条件)

  1. 自分で決めた事、しっかりと目標達成する事。
    海のものか山のものか分からない状況ではありましたが、このくらい強く言っておかないとなぁっと!心を鬼にして!
  2. 留学費用には限度がある。節約に最大限の協力をする事。
  3. 4~5年間(可能な限り早く)で、卒業して看護師資格取得したら帰国する事。
  4. 絶対日本の看護師国家資格も取得する事。
  5. 話し合いの結果、留学先はハワイで。

今度はお父ちゃんの説得です。
「ミアの人生」なんだから・・・ね。以下、結構いっぱい省略です!(^^)! と、お母ちゃんプレゼン超上手です。お父ちゃんから承諾を貰いました。

☆☆ 2月中旬にヒューマンアカデミーと出逢って、入学試験を経て、4月初旬には入学と目まぐるしく留学に向かって動き始めました。

ヒューマンアカデミーでの「留学」「英語力UP」挑む娘の1年間

「留学」という目標設定が定まったので娘は自分がすべき事、しなければならない課題がしっかりと見えたようです。

ヒューマンアカデミーでは「留学」「英語力を習得する」という同じ志を持つ友達がいたから、大変な課題をクリアーして目標に向かって進めた気がします。

また、ヒューマンアカデミーでは[オリエンティーション,授業,休み時間も含め学校内は全て英語での会話]というルールがありました。
このルールが英語力UPに繋がり、ハワイでの留学生活を円滑なものにしてくれた気がします。

ミアは自分がやりたいといった手前、意地もあったのか?
沢山の課題,TOEFLや英検の勉強と、多分Hardスケジュールだったと思われますが、ネガティブ発言は全くなかった1年でした。目標に向かって楽しんでいるように見えました。

 

ECCジュニアでの9年間で英語力UP。留学へとつながった!?

ECCジュニアでの9年間で英語力UP。留学へとつながった!?

ECCジュニアに小学校1年生から中学卒業までの9年間通った、現在アラサーになった3人の子の母manaです。
我が子たちのその後の英語力はどうなった?など、親の視点で振り返りをしてみたいと思います。

こちらは、これから留学をお考えの方ではなく、現在子育て真最中、そして、将来はグローバルな人材に育てたいとお考えの親御様のご参考になる内容かと思います。

ECCジュニアに通わせた理由

これからはグローバル社会、絶対英語が話せたらかっこいい!!
私は英語が苦手なので、《子供たちには英語が話せる人になってもらいたい》という思いでした。

私は全然教育熱心な母ではなく、遊びは子供の心身を成長させる!!と考えていました。
私自身も『子供時代は、勉強が好きな子ではなかった』という自覚がしっかりありましたので、遊び大賛成,遊んでOKよ,と優しい母だったと自分では思っています。

当然ながら我が子達も決してお勉強の好きな子ではありませんでした。 むしろ外で元気に遊ぶ事が大好きっ子でした。
田舎ならではのターザンごっこ、山への探検、滝での水遊び、当時流行ったビービ―弾などなど、暗くなるまで遊びまわっていました。

習い事も、地域のスポーツクラブの剣道、バスケ、マラソン(陸上)、野球、サッカー、スイミング、スキー、スノボー、ピアノと色々な経験をさせました。

こどもチャレンジも一応やっていましたが、答えを写していた子どもには唖然でした。
答えを写すって、写す時間と鉛筆と消しゴムと労力の無駄!!
それも算数のひっ算です。
答えは合っているのに途中経過がめちゃめちゃ。そしてまた、余は合っている。
写したことがバレバレでしょ。怒るどころか、むしろ笑え過ぎでしょ!?

そんな子供達ですが、ECCだけは行ってください「お願いします」って感じでした。

ECCジュニアに期待した事

英語に触れあって英語が身近なものに感じて欲しい。
それで、英語の成績が良くなったら最高!!
それで、それで、英語が話せるようになったら更に嬉しいじゃありませんか!
英語が話せるってカッコ良いよね!!

ECCジュニアをやって良かった点

20年以上前のECC時代を親視点で振り返ってみます。

1. 楽しみながら学べた。
ハロウィンパーティー、クリスマス、富士山合宿などイベントもたくさんありました。
きっと、現在は更にバージョンアップしていて盛りだくさんのプログラムがあるのでしょうね。

今では国民一大イベントにもなっているハロウィンですが、20年以上前のハロウィンパーティーって、なかなかぶっ飛んでいる感じだったですね。
初めての仮装に親も子もドキドキワクワク・・・・♡
そんなドキドキワクワクイベントも時々あって、英語も楽しく学べた気がします。
 ドリフ大爆笑の「長介さん・工事さん・ブーさんの 雷様」というコントを知っていますか?
その雷様をテーマにしたハロウィンでの仮装です。
時代がばれちゃいますね!

2. ネイティブ英語:聞く力やネイティブな発音で話す力が身に付いた。

ECCで外国人講師のネイティブ発音をいっぱい耳にすることで耳が英語に慣れ、スピーキング力、リスニング力をつけられたのではないかと思っています。
現在ハワイに看護留学中の娘ミアですが、現地の人に本当にピュアな日本人ですか??と、びっくりされたらしいです。本人曰く、「あまりに発音も良く、コミュニケーション能力が高かったからびっくりされた」と言っていました。
本当かな(*^^)v?
それは、小学1年生から通ったECCのお陰かなと思います。
そしてそれは、無理やりやらせた感も否定できませんが、母である私のお蔭・・・!! という事にしましょう。

3. 外国人との交流を通じて多くを学んだ。

外国人との接点のない田舎に住んでいたので、普段は外国人との交流がほとんどありませんでした。
そんな環境の中でECCを通じて多くの外国人との交流の場が持てた事は異なる文化などを感じ、また、外国人に対し隔たりを感じない心を育めたのではないかと思います。
子供たちにとって貴重な経験だったと思います。

4. 刺激を受け合い成長できる事

英検受験や日々のテスト,日常のECCクラスの中で、《〇〇ちゃん頑張ってるから私も頑張らなくちゃ》と頑張っているように感じました。お互いに刺激をし合い成長できたと思います。

5.英語が好きになり継続できた。英語力UPは自信に繋がった

ECCでは、授業の予習復習もでき、お陰で英語の成績が結構良かったです。
成績が良いと嬉しくなり英語が好きになり、更に頑張ろうという意欲につながった気がします。
このことは自分自身の自信となり、色々な事へチャレンジできる強い逞しい心が培われたのではないかと思います。そしてそれによって自己肯定感が高められた気がします。

ECCジュニアやって良くなかったと思う点。―お母ちゃんの分析

1. 母(子)ともにストレスな面もあった。

〇〇ちゃんが受かったのに、何故にあなたは受からないの??
母子共にストレスにならなかったと言ったら嘘になりますね。
切磋琢磨できる環境であった事は事実ですが、反面、人と比較してしまう状況もあった気がします。そこは、母としての反省点です。
今ならもっと寛大な心で子供たちを見守れる自信があるのですが、今更遅いですね。

2. クラスの個性にフィットできるかどうか。

我が3人の子のECCクラスのカラーは、はっきりしていましたね。
あるクラスはとても優秀,あるクラスは全体的に呑気,あるクラスは、何故か勉強があまり好きではない子が集まっていたりと、本当にクラスの個性は様々でした。

4年生で英検3級に受かる子も続出だった優秀なクラスに通っていた我が子は、のほほんさが幸いにそれなりにマイペースで楽しんで参加していた気がします。
子供の個性も様々なので、クラスのカラーにフィットするか、フィットできるのかも大事だと思います。

3.お母ちゃんの強制力。無理やりやらせた

勉強嫌いな我が息子君は、ECCいやいや病を発症していました。
ECC教室まで送り届けたのに、遊びたい欲求が強く、何度か脱走した経験を持っています。
それでも、無理やり行かせたお母ちゃんでした。
多分、息子は《無駄な抵抗をしても母ちゃんには逆らえない》と、最後はあきらめたのでしょうね。

☆社会人になったその息子のコメント
《あの時は本当に嫌だったわ。でもECCは、やっていて良かったと今では思う。》

お母ちゃんの強制力で無理やりやらせた部分もあると思いますが、結果オーライという事で。

ECCジュニアでの9年間で英語力UP?留学へとつながった?

ECCジュニア卒業後も英語に携わり、20年以上経った現在
アラサー息子: 中央大学在学中カナダに1年程語学留学経験あり。TOEC800点以上
アラサー息子: 早稲田大学在学中にハワイに2ヶ月程語学留学経験あり。TOEC600点以上

アラサー娘ミア : ハワイの大学 看護学学士
BSN (Bachelor of Science in Nursing)
NCLEX-RN(看護師資格試験)
現在はNP(ナース・プラクティショナー)資格取得のために大学院に在学。
TOEC900点以上
と、こんな感じになっています。ちょっとはグローバルな感じに出来上がったでしょうか?

おまけ♡

ECCジュニアを選んだ理由は、近所にそこしかなかった!!というのも理由ですが、ECCのお蔭で英語力がUPできたと思います。ECCジュニアには満足しています。

あれから時代は大きく変わっています。
20数年前,ガラケーも普及していなかった我が子たちの(ECCジュニア)時代でしたが、現在はパソコンは当然、スマホは当たり前の時代。
幼児・学童教育分野に於いてもバージョンアップはものすごいものだと思います。
首都圏に在住の場合、英語力を身に付けるための教室など沢山あります。
しかし、地方に住んでいると限られた教室(習い事)しかないのが現状です。
そこでパソコンやスマホが大活躍できる時代に感謝ですね。

今、私が気になっているこども向けの英語関連の2点です。
『日本初!オンライン×少人数グループの小学生専用英語レッスン【LEARNie】 』



と、今注目されている
『たった35日で私の子供が英語を話し始めた!世界の七田式英語教材7+BILINGUAL【七田式】』という、子ども用英語教材が気になっています。



まだ見ぬ我が孫Aちゃん。
まだ見ぬAちゃんをグローバル人材に育成するためリサーチしています。
あ!大丈夫です。うるさいおばちゃんは、あまり口出ししてはダメですね 😳
その辺は承知しているつもりですので、ご安心ください(^^)v